スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)

 鳥取県警は10日、同県を舞台にした連続不審死事件の捜査本部を解散したと発表した。捜査本部設置前を含め延べ約1万1000人の捜査員を動員した半年間にわたる捜査が終結。鳥取市の元ホステス、上田美由紀被告(36)は2件の強盗殺人罪と8件の詐欺などの罪で逮捕、起訴された。強盗殺人事件は裁判員裁判の対象となる。

 上田被告の周辺では男性7人が変死した。鳥取地検はこのうち鳥取市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)と、同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(同47歳)に対する強盗殺人罪で上田被告を起訴した。捜査関係者によると、2件について自白は得られず、状況証拠などで立証する方針だという。地検はこのほか、現金や車などをだまし取ったとして詐欺(7件、被害総額1048万円)と窃盗(被害38万円相当)の罪でも起訴した。

 上田被告と同じアパートに住み、上田被告が繰り返し錠剤を飲ませたとされる無職、田口和美さん(同58歳)の死亡については、捜査本部は「心臓病による病死」と判断し、立件しなかった。

 詐欺罪などについては公判前整理手続きが始まったが、強盗殺人罪は公判日程がまだ決まっていない。同罪の法定刑は死刑か無期懲役。被害者が2人で、動機は代金や借金の返済を逃れるためとされ、検察は死刑を求刑する可能性が高い。【遠藤浩二】

【関連ニュース】
京都地裁:裁判員6割の辞退許可…9日間の審理が影響?
裁判員制度:「審理に入るまでに時間」最高裁長官が懸念
大分地検:裁判員裁判対象の強姦致傷で起訴
駅突き落とし:「発達障害でノーベル賞も」裁判長が説諭
裁判員裁判:全国初の区分審理 懲役6年6月の判決 大阪

ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場(産経新聞)
ギリシャ問題「大変心配」=首相(時事通信)
JR3年ぶり増、航空も好調=GW、日並びと天候恵まれ(時事通信)
風俗の女性に勧められ…エリート教頭がハマった「背徳の世界」(産経新聞)
アイヌ 「知里幸恵記念館」着工 伝統儀式で安全祈願(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

さがただあき

Author:さがただあき
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。